ブレインジムとは?

シンプルな運動を通して脳と心と身体をつなげる教育プログラムです。

アメリカの教育学者ポール・デ二ッソン博士により、学校生活や学習することに困難を抱える子どもたちのために開発されました。

カイロプラクティクをもとに発展したキネシオロジー(運動機能学)をベースにしていて、教育キネシオロジー(Edu-K)という分野のひとつです。

「読み・書き・聞く・見る・話す」といった学習面の向上だけではなく、スポーツや芸術面でも活用され、 改善したいことや心身のくせ・反応をポジティブに変化させるワークとして、メンタルケアとしても使えます。

現在ブレインジムは世界80カ国に普及し、幅広い年齢層に 学習態勢を整えるためのシンプルなエクササイズとして用いられています。
 


こんな事に役立ちます


  講座を受講後にできること

講座で学ばれたことは、ご自身やご家族と行ったり、現在のお仕事の範疇でお使いいただけます。

例えば、ブレインジム101の受講後に、小学校の先生が、ご自身の授業や学校の活動でブレインジムを行う場合には、インストラクター資格は必要となりません。

ブレインジムや教育キネシオロジーについて、一般多数の方にお伝えする活動を行う場合には、インストラクター資格が必要です。

ブレインジムインストラクターになると、ブレインジムや教育キネシオロジーの専門家として対価を受けとり活動することが可能となります。

教育現場、介護の現場に関わる方 スポーツのコーチ 医療関係の方、福祉、メンタルに関わるお仕事の方など、多くの方がインストラクターになっています。


ブレインジムは心と身体と思考をつなげます。